ドナウ帝国とハンガリー王国

オーストリア帝国の関心は、必然的に東側のドナウ川流域に向けられることとなった。すなわちドナウ帝国観念の浮上である。 オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世は、ハンガリー貴族たちの要求に応えてアウスグライヒを実行し、オーストリア帝国からハンガリー王国領を分離した。フランツ・ヨーゼフ1世は聖イシュトヴァーンの王冠を戴いてハンガリー王位に就くことで、1867年5月29日に「オーストリア=ハンガリー帝国」を成立させた。二重帝国の中央官庁として共同外務省と共同財務省が設置されたが、外交・軍事・財政以外の内政権は完全に認められるなど、形式的にはハンガリーは独立王国となった。一民族のみが優位を獲得したことを受けて、諸民族のハンガリー人に対する反発が高まったが、彼らはまた同時にみずからも妥協をかち取ろうと工作を開始した。聖ヴァーツラフの王冠は、神聖ローマ皇帝カール4世が、自らをチェコの英雄ヴァーツラフ1世の後継者であることを印象付けようとして作らせた。ボヘミア王権の象徴である。 アウスグライヒ直後の1867年12月に制定された新憲法では「諸民族の平等」が規定された。1871年ハンガリーに採られたものと同様の措置を要求するボヘミアチェコ人たちに対し、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世ならびにドイツ人の優位性を維持しながら自由主義的な中央集権体制を目指す「ドイツ人自由派」に属する首相カール・ジークムント・フォン・ホーエンヴァルトは、聖ヴァーツラフの王冠のもとにボヘミア王国の独立を承認しようとした。フランツ・ヨーゼフ1世ボヘミア国王としての戴冠式の実施も決定され、実現すれば「オーストリアハンガリーボヘミア三重帝国」が樹立されるはずだったが、この戴冠式ハンガリー首相アンドラーシ・ジュラ伯爵の猛反対に遭って断念された。ハンガリー国内の総人口においてハンガリー人は半分程度しか占めておらず、ハンガリー国内でのスラヴ民族の地位向上に繋がってしまう恐れがあり、またスラヴ民族の盟主としてロシア帝国の介入を促す恐れもあったためと考えられている。実際に適用されたのはハンガリーのみに留まったが、この時期のオーストリア帝国による一連の「妥協」の動きは、同君連合への移行という形での帝国連邦化計画だったといえる。フランツ・フェルディナント大公の暗殺 / ハンガリー国内では、大公のようなハンガリー人の権利を脅かす皇位継承者は不信感を持たれていた。帝国議会議員レートリヒは次の発言を残している。「ハンガリーではよく耳にするよ。『ハンガリー人の神様が、哀れなセルビア野郎に発砲するよう仕向けたんだ』とね」 フランツ・ヨーゼフ1世は「三重帝国」計画を断念せざるをえず、また年齢を重ねるにつれて保守的になっていき、晩年には三重帝国を認める気はなくなった。しかし、皇位継承者であるフランツ・フェルディナント大公は、ボヘミアの伯爵令嬢ゾフィー・ホテクを妃としただけあって親スラヴ的な傾向があり、また帝国においてすでに高い地位を占めているにも関わらず諸々の要求をするハンガリーを嫌悪していた。 フランツ・フェルディナント大公と「ベルヴェデーレ・サークル」と呼ばれる大公の仲間たちは、皇位を継承した際の帝国改編について、以下の3つの案を持っていたとされる。ハンガリーに男子普通選挙を導入し、議会においてハンガリー人が過大に代表されている状態を是正する 「二重帝国」の枠組みを廃し、集権的な大オーストリア国家を創出する ハンガリー人以外の国民にも個別に妥協し、局地的な再編を行う ベルヴェデーレ・サークルに所属していたアウレル・ポポヴィッチ1906年に発表した『大オーストリア合衆国』(Vereinigte Staaten von Groß-Österreich)という書物は、当時のベストセラーとなった。この本では、君主国全体を民族集団の分布に応じて15の「半主権的州(halbsouveräne Staaten)」に区分することが想定された。1911年、ベルヴェデーレ・サークルに所属していたミラン・ホッジャは、フランツ・フェルディナント大公に宛てた覚書の冒頭で「皇位継承後すぐの段階で、クーデタ(Štátny prevrat)あるいは漸進的な改革によって二重主義を撤廃し、『ハンガリー人分離主義者の野望』を打破すべき」と書いている。皇位継承者の周囲はこうした思想の人物で固められており、皇位継承者自身も、完全に同一とまではいかなくとも彼らと類似の思想を持っていたのである。 1914年春に84歳のフランツ・ヨーゼフ1世が危篤状態に陥った時、すぐさまフランツ・フェルディナント大公はベルヴェデーレ・サークルのメンバーを招集し、崩御の際の対応策を協議した。ハンガリーについては連邦化と男子普通選挙の導入が予定され、ハンガリー議会が改革を拒否した場合には勅令で導入することも検討された。皇帝が快復したことにより、ベルヴェデーレ・サークルのプランは幻のまま終わった。それからわずか数か月後にサラエボ事件でフランツ・フェルディナント大公は暗殺され、ベルヴェデーレ・サークルはその役目を終えることになる。

Vladimir Gaćinović  

Vladimir Gaćinović  Vladimir "Vlado" Gaćinović (Serbian Cyrillic: Владимир Владо Гаћиновић; 25 May 1890 – 11 August 1917) was a Bosnian Serb essayist and revolutionary in Austria-Hungary. He was one of the leaders and organizers of the secret cells of the revolutionary movement Young Bosnia.

Austria-Hungary's complete annexation of Bosnia and Herzegovina in 1908 angered young revolutionaries active in that region. They rejected the conciliatory ideas of Tomáš Garrigue Masaryk and his cultural struggle within the Austrian monarchy; instead, they embraced the notion of "Kosovo tyrannicide", à la Miloš Obilić, as a method of political struggle. Gaćinović was the actual ideologue of the revolutionary movement Young Bosnia, and was thus responsible for introducing the cult of tyrannicide.Bogdan Žerajić was the first to pursue this method in practice. When Franz Joseph I of Austria visited Bosnia and Herzegovina on 3 June 1910, Žerajić had intended to attempt his assassination during his passage through Mostar, but eventually gave up his plan for unknown reasons. Žerajić attempted to assassinate Austro-Hungarian governor Marijan Varešanin in Sarajevo a week later, but killed himself when the plot failed.Gaćinović, who was personal friends with European socialists such as Victor Serge and Julius Martov,met Leon Trotsky by chance in Paris. His revolutionary zeal impressed Trotsky.From autumn 1910 to the summer of 1912, Gaćinović was a student at Vienna University.In his late teens, after visiting the Kingdom of Serbia, Gaćinović organized underground cells, kruzoks, amongst Serbs in Bosnia and Herzegovina, Zagreb, and western Slavonia. In 1911, he became the only Young Bosnia leader to join Unification or Death, Dragutin Dimitrijević's secret society.In the same year, the term Mlada Bosna (Young Bosnia) was popularized in an article by Gaćinović, and modeled by him after Young Italy and Young Russia. In 1912, Gaćinović publicized a letter by one of his associates, with whom he fully agreed. Titled "Cry of a Desperate One" (Serbian: Крик очајника), it attacked the younger generations, in particular students at foreign universities, for lack of idealism and opportunism, petty individualism, and conformity.During the First Balkan War, Gaćinović fought as a volunteer in the Montenegrin army. Upon his return to Bosnia, he instigated a plot to kill Oskar Potiorek, the Austrian Governor, in January 1914, but did not follow through with his own plan.Nevertheless, Gaćinović publicly condemned in his letters the subsequent assassination of Franz Ferdinand. According to some sources, this was merely an attempt to avoid prosecution for his involvement; however, other authors have it that Gaćinović was sincerely opposed to the assassination.During World War I, Gaćinović spent time as a volunteer in the French Navy, after which he traveled to the United States to seek aid and volunteers for Serbia.

イングランド国教会 

イングランド国教会  イングランド国教会は、1534年のイングランド王国で成立したキリスト教会の名称で、世界に広がる聖公会アングリカン・コミュニオン)のうち最初に成立し、その母体となった教会。イングランド教会、または聖公会内部では英国聖公会とも呼ばれる。